ミネラルファンデーションの使い方

つけたまま寝てしまっても安心、肌に優しいというイメージのミネラルファンデーション。

よりナチュラルで透明感がある肌作りが主流になってきている今のメイク事情にはぴったりという事もありとても人気を集めています。

ミネラルファンデーションは天然鉱物成分を使って作られており、毛穴をふさぐことや圧迫感もなく軽い付け心地というのが特徴的で、その肌へのやさしさから「つけたまま眠っても大丈夫」

と謳って販売しているものもあるくらいです。

ではそんなミネラルファンデーションですが、どんな使い方をしたらいいのでしょうか?

基本的には普通のファンデーションと同じで、リキッドタイプ・コンパクトタイプ・パウダータイプがあります。

一番使いやすく効果的で販売しているメーカーが多いのがパウダータイプです。

いわゆるルースパウダーで、多くは専用のブラシを使用することを推奨しています。

ブラシでパウダーを適量とって肌にクルクルとのせていきます。

実は適量と言うのはごく少量で、少しずつのせていくのがきれいに仕上げるコツです。

カバー力が欲しい場合は少しずつ重ねていって仕上げると言うとても簡単なものです。

時短メイクにもおすすめです。

ミネラルファンデーションと言えば、ルースパウダータイプというイメージがあり、実際に販売しているメーカーや人気があるタイプです。

ですが、最近のベースメイクのトレンドは透明感がありナチュラルな仕上がりが好まれているという事から、製造・販売するメーカーも増えてきて、タイプもいろいろになってきました。

通常のファンデーションと同様にリキッドやプレストパウダーなども出てきました。

推奨されていて一番軽く肌負担が少ない仕上がりになるのはルースパウダータイプですが、使い慣れてないとルースパウダータイプって使いにくいという事もあります。

量の加減もですし、量が多すぎて粉っぽくなった・・・という事もあります。

なので、自身が使いやすいものが一番いいと言えます。

リキッドタイプでもプレストパウダーでもミネラルファンデーションには変わりはありません。

ただ、製造の段階で、「液体にする」

「パウダーを固める」

という工程でケミカル成分が使われている可能性がありますので、ミネラル成分にこだわりたい方はよく確認をしましょう。